彼女には小さい頃から、洋服のデザイナーに憧れていた。

暇さえあれば、白い紙の上には、
夢溢れる衣装が描かれていたそうだ。

しかし、いろんな事情が重なり、
デザイナーへの道とは、違う道へ進む事になる。

 

経理とお茶くみの毎日。
それでも与えられた職務を、誠実にこなしていた。

数年経った時、突然の会社編成があり、
彼女は、製品のデザインに参加をする事になる。

そして、彼女のデザインした製品は、
昨年から、ひとつのブランドとして世の中に出まわる事になる。
洋服のデザイナーではないが、
「クリエイトする仕事」という形は違えど、描いていた夢を実現させた。

”株式会社○○”が大好き・・・と気付き、実感しています。
今日いただいた、メールの最後の文章。

夢を追いかけなくても、毎日と誠実に向き合ってきた。
そんな彼女だから、神様からプレゼントをいただけたのだろう。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら