男は立て込んだ仕事を前に、
神経をすり減らす毎日を続けていた。

ふと手帳に目をやると、
今日は、母親の誕生日である事に気付く。

いくら忙しくても、プレゼントくらいは・・・
プレゼント選びの苦手な男は、すぐに休日だった彼女を呼び出して、
仕事の合間の買い物に、付き合ってもらう事にした。

プレゼントはすぐに見つかり、
男は彼女と、カフェでコーヒーを飲んだ。

彼女はまるで、
豪華なディナーをご馳走した時に見せるような、
とびきりの笑顔で男に言った。
「久し振りに、一緒にコーヒー飲んだよね♪」

忙しさに任せて、
ほったらかしにしていた彼女に対し、胸が痛んだ。
男は仕事をする意義に、改めて向き合ってみた。
それは、これからの人生において、
とても貴重な気付きを得た瞬間であった。

男はプレゼントを、母親の写真の脇に置いた。
その写真に向けて、カフェで見せてくれた、
彼女の笑顔に負けないくらいの、とびきりの笑顔で、
彼女を生涯の伴侶にする事を報告した。

生前、せっかちだった母親は、
誕生日プレゼントのお返しに、彼女の笑顔を届けてくれたのかも知れない。

 

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら