目が覚めたときに、まず視界に入るのが、
ベッドサイドの壁に掛かった、ロートレックの「ディヴァンジャポネ」

いつか、姉が私にプレゼントしてくれたものである。
私達姉弟が物心ついた時は、既に両親が商売を始めていた。

その創業時に我々は、幼年期、少年期を迎えたので、
一般の家庭よりは、親とのかかわりは少なかったのかもしれない。

日曜日の朝は小銭を握り締め、姉と2人で近所のパン屋さんに、
朝食のパンを買いにいくのが、習慣だった。

夏休みは、親戚の家に、共にに預けられていた。
小学校低学年の頃、不安を抱えながら子供だけで
親戚の家へ向う電車に乗った事を、ふと思い出した。

両親が多忙だったおかげで、姉との絆は深くなっていた。
思えば、最初の私のメンターは、彼女だったのかもしれない。

成人になっても、その関係は続き、ビジネスを共に起こした事もある。
その彼女は2年前、新しい伴侶と共に長く住み慣れたこの地を後にした。
そして、今は本当に幸せな家庭を築いている。

彼女にとって、結婚する前の10年間ほどは、
人生の中の、深く考える時期にあった。

それでもは、どんな時も、常に良い人生をイメージし、
前に進み続けていた彼女が、呼び寄せた出会いだと感じる。

義兄と会話をする姉の姿を見て、私は2人の幸せを確信した。

 

ポスターの世界を、芸術の域にまで高めたロートレック、
今後の彼女の幸せも、自らが望む域まで2人で高めていく事と思う。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら