当時は何が起きたのか、見当もつかなかった。
長年親交を共にした友との距離は、どんどん離れていくばかり。
後に原因を探してみると、あらゆる方面から、
偶然の出来事が折り重なり、大きな誤解になっていた事に気付く。
そして、周囲の関わりから本当の事を言えない状況となり、
二人の友情は崩壊した。
数年後が経ち、ある時突然に一本の電話が入る。
男は離れていた親友と、会う約束を交わした。
どんな話が繰り広げられるか、
それは、約束の日にしか判らない。
氷結するのか、肩透かしの話なのか、
それとも・・・
男は願う事も、祈る事もせず、
ただただ、その日が来るまでの一日一日を、
いつものように過ごした。
自然に戻るには、自然の中に自分を置く事と決めて・・・
祈りや願いを求めない事は、
時に、求める気持ち以上に強烈な思いなのかもしれない。
川の流れという導きは、様々な人の距離を操作していくが、
その流れはただ単に、自然なのである。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら