あの時、頭をハンマーで殴られた気分だった。
数年前、喫茶店で事業家の先輩との、
久しぶりの会話であった。
たわいもない世間話の後、
彼は私に、仕事の現状を尋ねてきた。
事業も好調で、過密なスケジュールをこなしていると、
嬉しそうに私が答えた時、
それまでにこにこしている彼の顔が、一瞬にして曇った。
「竹ちゃんは、どんな生き方がしたいの?」と、質問された。
私の生き方のテーマは、自由である。
好きな時に、好きな所で、好きな事をしたい。
「今、そんなにあなたが忙しい状態を作ってたら、
この先、時間の自由なんて得られないよ。」彼はこう言ってくれた。
はっと気付いた。
起業のスタートでは、確かに寸暇を惜しんで集中する時が、
必要かもしれない。
ただ、ある地点から、本当に望むライフスタイルに、
沿った仕組みを、意識して作る事の重要性を痛切に感じる。
目の前にある、宝に見えるものを、
あえて見送ったり、捨ててたりして、
違うベクトルに向う、気持ちの潔さが要求される。
もし、これに気付かずにいたら、
忙しい経営者になるアドバイスを、
関わる方々に、今でもし続けていたかもしれない。
恐ろしい事だ・・・
その後、自分へのご褒美で行った上海。
そこで、中国での仕事のきっかけが生まれた。
自由な気分には、自然とご縁が付いてくるような気がした。
気付かせてくれた先輩には、足を向けて寝れない。
でも、そんなこと言ったら、何処にも足を向けれないかも・・・

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら