今日、インターネット事業で大成功された方にお会いした。

しかし、新たな事業を展開する中で人間関係に嫌気が差し、
当時の奥さんににその権利を譲り、
現在は、人と関わる事の少ない職業をしているそうだ。

お会いさせていただく中で、さすがに頭の切れ、
思いやりの気持ちは、高レベルであると感じる。なのに・・・

何故彼がそのような道を辿ったのか・・・

眩い光が当たれば、必ず影が出来る。詳しい事はわかりませんが、
彼が自ら起こした大きな渦を、コントロール出来なくなった事は確かである。

継続する成功とは、様々な要素が必要だと感じる。
いや、もしかしたら、
今の彼が本当に望んでいた、自身の姿かもしれない。

それなら、それで良い。
しかし、会話の中で無力感が見え隠れした事も事実だった。

少し前に知人からいただいた手紙に、こんな事が書かれていました。
「さるも木から落ちる、でもまた登る」

今の状態が、彼の今後の人生を大きく羽ばたかせる、
感動ドラマの序章である事を祈りながら、
地下鉄の階段を下りていく後姿を見送った。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら