夕食を囲む椅子が、いつもより一つ多く埋まる。
中学生の彼女は、家族で夕食を取る事が殆ど無く、
コンビニなどで、一人済ませるそうだ。
一緒に住む親は、少ない小遣いが底を尽いても、
補充はしてくれないと聞く。
「ホームレス中学生」という本に似た体験を持つ子供は、
少なからず存在するようだ。
出来る事は、してあげたいと思うが、
いくら周囲のサポートがあっても、
最終的に現状を切り開いていくのは、本人自身でしかない。
一緒に食事をする事になった時、
「嫌いなものはある?」と聞いてみた。
「ありません」ときっぱり。
生きるたくましさが、
良き方向に向かう事を、新月に願ってみた。
「出来事は、知恵を授けてくれる。その知恵が良い方向であれば、きっとギフトは舞い降りるはず」

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら