もしも・・・
食糧難になって、皆が死を感じる程空腹な時
自分しか、一握りのパンを持っていないとしたら・・・
身内以外の人に、
それをシェアする事が出来るだろうか?
正直、少し自信が無い
毒キノコとわかっていて、
相手を受け入れそれを食した釈迦は、
どんな心持ちだったのだろう。
貧困国で、わずかな食べ物を分けあう子供達は、
どんな気持ちでいるのだろう。
いつか、
そんな美しい心に、なりたいと思う。

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら