両親の住まいに入った瞬間、すごく良い氣を感じた。
居間に入ると、外出から戻ったばかりの父が、
珍しくスーツを着ていた。
「どうしたの、そんな格好して?」
話を聞くと、以前の取引先から、
従業員を指導してほしいと、依頼があったとの事。
「もうそんな情熱は無いし、断ってきた」
彼は、顔に刻まれたしわを、更に沢山作りながら、
嬉しそうな顔でそう答えた。
「認められる事」
家に入った時の、良い空気感はこれだったのだろう。
私も以前は、先輩経営者としての彼に、
意見を求める事もあったが、最近はしていなかった。
既に会社経営から退き、ゆるやかな老後を楽しんでいる父。
だからこそ、「誰かに認められる」という感触から、
遠ざかっていたのかもしれない。
少し、反省をした。
あなたは身近な人に、
「その人の存在を認める言葉かけ」をしていますか?

今日もありがとうございました。

竹内 嘉浩心理カウンセラー
There is no time like the present.
毎日のブログはこちらで書いてます 

カウンセリングの予約はこちら